もしもアフィリエイト評判・評価

Amazonや楽天市場でのアフィリエイトに最適なASP「もしもアフィリエイト」のメリット・デメリットを徹底解説。

もしもアフィリエイトにカエレバが絶対に必要な理由とメリット・デメリット

カエレバとは?

カエレバは「わかったブログ」というブログの運営者によって開発されたウェブサービスのことです。

カエレバ
http://kaereba.com/

わかったブログ
http://www.wakatta-blog.com/

サービスの詳細は上記のリンクから公式サイトをご覧頂きたいのですが、内容としてはAmazonや楽天などの商品リンクをサイトデザインを損ねることなく綺麗に並べて設置できるというものです。

例えば、実際にカエレバを使って設置したリンクは以下のような感じです。

通常、複数のリンクを並べようとすると縦にズラズラと同じ商品が並んでしまうため見た目にも美しくないですし、「何としてでも商品を売りたい!」という必死さが出てしまってブログ・サイトの訪問者からは嫌われてしまいます。

しかし、カエレバを使えば上記のように綺麗かつシンプルに掲載できるので複数の販売サイトの商品リンクを掲載したいなら絶対にカエレバを導入すべきだと思います。

カエレバの以下のようなメリット・デメリットを理解した上で、自身のブログ・サイトに適切に設置をするように努めましょう。

カエレバを使うメリット

あらゆるユーザーに対応できる

まず、カエレバを使うと簡単に複数サイトの商品リンクを掲載できるので、色々なサイトを使っているユーザーに対応することができるというメリットがあります。

例えば、Amazonのリンクだけを掲載していると楽天市場しか利用しないユーザーはそのリンクから商品を購入してくれることはないため、いわゆる機会損失が発生していることになります。

これは逆もまた然りですし、Amazonと楽天だけではなく他の販売サイトについても同様です。

従って、カエレバを利用してできるだけ多くの販売サイトのリンクを掲載しておけばそれだけ売上が発生する機会が増えるということです。

このときに心配になるのは「複数サイトのリンクを掲載することで、売上が分散してしまわないのか?」という点だと思います。

しかし、私の経験上はリンクを増やしたからといって売上が分散してしまうことはないですし、むしろユーザーの選択肢が増える分だけ売上が増えます。

単純に売上だけを考えるとできるだけ多くの販売サイトのリンクを掲載した方が効果的ですのでAmazon・楽天市場だけに限らず、Yahoo!ショッピング・セブンネット・ベルメゾンなど掲載できる販売サイトのリンクはできるだけまとめて掲載しておくのが良いです。

デメリット

初期設定がちょっと面倒

カエレバは無料で使えますし、会員登録なども不要です。

しかし、初めて利用するときは初期設定がちょっと面倒です。

というのも、もしもアフィリエイトや他のASPのリンクからidなどを抜き出す作業が非常に細かいからです。

カエレバの公式サイト上で全ての手順が解説されているとはいえ、アフィエイトリンクからidだけを抽出するときはしっかりと集中していないと間違えてしまう可能性が非常に高いと思います。

アフィリエイトリンクからidを抜き出す作業

仮に不注意により抽出ヶ所を間違えた場合、id自体が英数字の羅列であり判別しにくく間違いに気付くためにも集中力が必要なので結構大変です。

なお、一度設定を終えるとそれ以降は再入力不要なのですが、何らかの理由によりブラウザのクッキーを消去すると設定内容が全て消えてしまう(情報の保存にはブラウザのクッキーを利用しているため)ので再度設定作業が必要となります。

まとめ

カエレバにはデメリットもありますが、基本的にはカエレバを利用して複数の販売サイトのリンクを掲載しておくと機会損失を防げるため売上の増加に繋がります。

従って、ブログ・サイトにAmazonや楽天市場・その他販売サイトのリンクをどれか一つでも掲載するつもりであれば、カエレバを導入して複数を設置するようにした方が良いです。

売上が増加という大きなメリットに比べれば初期設定が面倒というデメリットは存在しないようなものですので、最初だけちょっと頑張りましょう。

▼ここから無料会員登録できます▼



スポンサーリンク

▼ここから無料会員登録できます▼