もしもアフィリエイト評判・評価

Amazonや楽天市場でのアフィリエイトに最適なASP「もしもアフィリエイト」のメリット・デメリットを徹底解説。

もしもキャッシュバック(自己アフィリエイト)で無料で稼ぐ方法

もしもキャッシュバックとは?

もしもアフィリエイトが提供しているサービスのひとつに「もしもキャッシュバック」というものがあります。

通常、アフィリエイトは自分が運営する媒体(ブログ・サイトなど)で紹介した商品やサービスが売れると報酬が発生しますが、もしもキャッシュバックでは自分自身で商品やサービスに申し込みをすることで報酬が発生します。

いわゆる「自己アフィリエイト」と呼ばれているものです。

もしもキャッシュバックの中には無料登録だけで報酬が貰える広告もありますので、もしもアフィリエイトに登録したら早速取り組んでみましょう。

▼ここから無料会員登録できます▼

本人OKよりも簡単

「自己アフィリエイトなら『本人申込OK』の広告で申し込みをすれば良いんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし、本人申込OKの場合は、

  1. アフィリエイトリンクを取得する
  2. 自身のブログ・サイトに貼る
  3. 広告をクリックして、商品・サービスを申し込む

という手順を踏まなければいけないので手間がかかってちょっと面倒です。

また、横着して「アフィリエイトリンクから申込みページのURLだけを抜き出してブラウザに貼り付ける」といった手順を踏もうとすると上手くURLを取得できなくて失敗することもあります。

一方で、もしもキャッシュバックの場合は「今すぐキャッシュバックしたい方はこちら!」というボタンをクリックするだけでOKなので、本人申込OKのアフィリエイトリンクを利用するよりも遥かに手順が簡単で失敗する心配もないというメリットがあるのです。

すぐに稼げる案件

以下では、もしもキャッシュバックの案件のうちすぐに無料で稼げるものを紹介します。

とりあえず一通り消化すれば1万円以上も簡単に稼げるはずです。

暮らし・住まい「DVD・動画」

一番オススメなのは「DVD・動画」の案件です。

特に「U-NEXT」は無料お試し登録するだけで1,000円弱を稼げるので非常にお得です。

約1ヶ月の無料お試し期間が過ぎると自動的に有料会員に移行してしまいますが、無料お試し期間中に解約すれば費用はかかりませんのでキャッシュバック金額を丸々儲けることができます。

もちろん、サービスの内容自体を気に入ったときはそのまま継続して利用し続けても全く問題ありません。

旅行・エンタメ「サイト運営」

もしもアフィリエイトに会員登録しているということはアフィリエイトを実践中だと思います(またはこれから取り組む)。

その場合、必ずドメインを取得したりサーバーをレンタルしたりするはずですので、もしもキャッシュバック経由で申込をするとお得です。

本来だと普通にお金を払って終わりですが、もしもキャッシュバックを利用することで数%の還元などがありアフィリエイトの経費削減に役立ちます。

金融・保険「クレジットカード」

クレジットカードは1枚発行するだけで数千円を稼げるので非常にオススメです。

年会費永年無料のものならば維持費もかからないのでキャッシュバックされた金額が全部懐に入ります。

「キャッシング枠付きで申し込む」ことがキャッシュバック条件であるカードが多いものの普通にフルタイムで働いていれば過去に滞納などをしていない限りは審査を通過するはずですし、キャッシング枠は使わなければ借金まみれになる心配もありません。

キャッシング枠を付けなくても良いカードもありますが、その場合は条件が緩い分だけ報酬額も下がります。

なお、クレジットカードは短期間に大量に発行することはできませんので、半年に1~2枚くらいのペースで異なるカードを発行して定期的に稼ぎ続けるのが良いです。

まとめ

本格的にアフィリエイトに取り組もうと思ったら、少なくとも独自ドメインとレンタルサーバーの費用は絶対に必要です。

また、アフィリエイト向けのWordPressのテンプレートもあった方が良いのでその分のお金も必要です。

それらの費用を合わせると初期費用として1~2万円くらいあると安心なのですが、決して安い金額というわけではありません。

「これから大きく稼いですぐに取り返してやる!」と意気込むのも良いですが、もしもキャッシュバックを利用してキャッシュバックを受け取れば初期費用の一部に充てることができますので、有効活用していきましょう。

▼ここから無料会員登録できます▼



スポンサーリンク

▼ここから無料会員登録できます▼